第1の施設である「れiんぼう倶楽部」は、医療機関での治療や、医学的リハビリテーションが終了した高次脳機能障害者を対象としています。
 「れiんぼう倶楽部」に通所しいているメンバーは、コミュニケーションが取れない人も多く、1人では通所できない人が殆どです。

 「れiんぼう倶楽部」では、メンバーの自己実現の為の基礎作りが中心になります。具体的には、基本的な生活習慣の再構築(通所支援、作業に参加する、清潔の保持など)のためのプログラムを設定しています。また、障害を負った事で、社会から孤立した状況に置かれたメンバーが多いため、社会とつながりを持つためのきっかけ作りを大切にしています。「れiんぼう倶楽部」に通所することで、スタッフの支えを得ながら、他者とのふれあいの機会を確保し、できるだけ作業を細分化し、それぞれのメンバーの能力に合わせて作業に参加できる場面を作ることで、成功体験や楽しさのある生活を取り戻すことを目指しています。

この段階のメンバーは、支援開始からしばらくの間は、定時や定期的な通所は極めて困難な状況にあります。しかし、継続的な支援を実施することで、徐々に単独来所が可能となり、休んだメンバーの様子を気遣う言葉も時折聞かれるなどの変化が見られるようになります。
自分自身の事だけではなく、他者への関心を持つようになり関わろうとすることは、地域で生活するうえで重要な事柄の1つといえ、さらに深く他者と関わることが出来るようになると次の段階に進むことができます。


れiんぼう倶楽部
iずみアウトドア倶楽部
南光だi雲母倶楽部
たiはく雲母倶楽部
地図


2005年 1月号
2005年 2月号
2005年 3月号
2005年 4月号
2005年 5月号
2005年 6月号
2005年 7月号
2005年 9月号
2005年 10月号
2005年 11月号
2005年 12月号
2006年 1月号
2006年 2月号
2006年 3月号
2006年 4月号
2006年 5月号
2006年 8月号
2006年 9月号
2006年 10月号
2006年 11月号
2006年 12月号
2007年 1月号
2007年 2月号
2007年 3月号
2007年 4月号
2007年 5月号
2007年 6月号
2007年 7月号