第1段階の施設と第2段階の施設の中間に位置する
施設である、「たiはく雲母倶楽部」は、「れiんぼう倶楽部」と
「iずみアウトドアリハビリテーション倶楽部」から異動した
「メンバー」と、就労の場である「南光だi雲母倶楽部」から
異動したメンバースタッフで構成した画期的な施設です。
 


れiんぼう倶楽部
iずみアウトドア倶楽部
南光だi雲母倶楽部
たiはく雲母倶楽部
地図

2005年 Vol.1
2005年 Vol.2
2005年 Vol.3
2005年 Vol.4
2005年 Vol.5
2005年 10月-1
2005年 10月-2
2005年 11月-1
2005年 11月-2
2005年 12月-1
2005年 12月-2
2006年 1月-1
2006年 1月-2
2006年 2月-1
2006年 2月-2
2006年 3月-1
2006年 3月-2
2006年 4月-1
2006年 4月-2
2006年 5月-1
2006年 5月-2
2006年 6月-1
2006年 6月-2
2006年 7月-1
2006年 7月-2
2006年 8月-1
2006年 8月-2
2006年 9月-1
2006年 9月-2
2006年 10月-1
2006年 10月-2
2006年 11月-1
2006年 11月-2
2006年 12月-1
2006年 12月-2
2007年 1月-1
2007年 1月-2
2007年 2月-1
2007年 2月-2
2007年 3月-1
2007年 3月-2
2007年 4月-1
2007年 4月-2
2007年 5月-1
2007年 5月-2
2007年 6月-1
2007年 6月-2
2007年 7月-1
2007年 7月-2
「たiはく雲母倶楽部」では、自己表現をより引き出していくために新たにメンバー製作の劇を取り入れており、また劇のみでなく、歌、マジック、大道芸などを全員で製作するという過程が重要で、協調性、想像力、責任感、作業遂行能力、集中力を楽しみながら互いに高めていきます。
それ以外に、現在メンバースタッフとして就労している元メンバーを、メンバーが目標とし、「早く就労して収入を得たい」という気持ちを高め、意欲的にリハビリに取り組み、また、メンバースタッフ自身もスタッフとしての自覚と自身をつけていく施設です。